and MAYA

マヤ暦で自分の生き方、在り方を思い出す/本来の役割を知る/暦を活かして、機嫌良く生きる☆マヤ暦セッション/マヤ暦講座/アクセスバーズ®/ボディプロセス/受け取りの生命の樹のワーク

マヤ暦における関係性

関係性のあるKINがあります。

「ガイドKIN」「類似KIN」「神秘KIN」「反対KIN」と呼ばれます。

また、スペシャルな関係で、「鏡の向こうKIN」「絶対反対KIN」なんてのもあります。 

 

f:id:mayamuluc249:20160508155455j:plain

「ガイドKIN」は、一生つづく灯台のような存在

文字の通り、ガイド(道案内)をしてくれる人です。
行くべき道を示してくれたり困った時に助けてくれる人。
お願いして教えてもらうというのではなく、「ガイドKIN」の人が『何気なく言っていること』に意味があったりする。
そしてガイドしてくれるという事も多いのですが、自分に先駆けて失敗して、『失敗』を学ばせてくれたりもします。
 
成功も失敗もガイドから学ぶことが多くある
 
でも自分が「ガイドKIN」の人を好ましく思っていても、相手が同じように感じているのかどうかは分からない『一方通行』の関係なんです。
また、 「ガイドKIN」の紋章のキーワードが、自分にとって灯台のような道しるべになります。問題解決の糸口になったり、自分が生きていく上での答えになったりするのです。
 今生きているこの人生、何人、自分のガイドに出会うかでこの先の人生が決まる、と言われるほど重要な存在。
 
ご夫妻でガイドの方もいます。
お子さんが、ガイドになっている場合もあります。
どんどん自分のガイドと出会ってその出会いを大切にしてくださいね。

ちなみに、周りに「ガイドKIN」がいない場合は、“孤軍奮闘”して生きているときなんです。

この「ガイドKIN」を導き出すのには、自身の太陽の紋章を見るのですが 類似・神秘・反対キンのように一律に決まっているわけではありません。

その人の太陽の紋章に加えて、銀河の音がいくつかでガイドKINの紋章が決まってくるんです。

------------------------------------------

「類似KIN」自分と同じ考え、感覚が似ている

「肩を組む関係」と言われています。
一緒にいて一番居心地が良く結婚相手には、この関係が一番ベスト!と言われています。
感性が似ているので一緒にいて違和感がありません。
 
楽なんです☆
 
親子・夫婦で類似の関係だと、友達親子・友達夫婦みたいな感じ。
 

紋章によって、類似の関係は決まっています。

  • 赤い龍 ⇔ 白い鏡
  • 青い夜 ⇔ 黄色い戦士
  • 赤い蛇 ⇔ 白い魔法使い
  • 青い手 ⇔ 黄色い人
  • 赤い月 ⇔ 白い犬
  • 白い風 ⇔ 赤い地球
  • 黄色い種 ⇔ 青い鷲
  • 白い世界の橋渡し ⇔ 赤い空歩く人
  • 黄色い星 ⇔ 青い猿
  • 青い嵐 ⇔黄色い太陽
----------------------------------------

「神秘KIN」“お互いに正面を向き合う関係”、“刺激が一番強い関係”

抱き合うことも殴りあうこともできる存在。
ワクワクドキドキ、気になる存在!
 
不思議と惹かれあう♡
 
お互いに似ている部分もあり、持っていない部分もあり その、持っていない部分が刺激になったりします。
振れ幅が大きい存在です。前世は敵だったかもしれませんw
だから「神秘」なんです。
 

紋章ごとの神秘の関係は

  • 赤い龍 ⇔ 黄色い太陽
  • 青い夜 ⇔ 白い鏡
  • 赤い蛇 ⇔ 黄色い戦士
  • 青い手 ⇔ 白い魔法使い
  • 赤い月 ⇔ 黄色い人
  • 白い風 ⇔ 青い嵐
  • 黄色い種 ⇔ 赤い地球
  • 白い世界の橋渡し ⇔ 青い鷲
  • 黄色い星 ⇔ 赤い空歩く人
  • 白い犬 ⇔ 青い猿
----------------------------------------

「反対KIN」自分と立ち位置が全く違う人

“反対”=“相性が悪い”ということではありません。

「背中あわせの関係」なので顔が見えないからなかなか理解できないんです。

見ている景色も全く反対。

親子で反対KINの場合は、ひたすらに「見守る」こと。
「忍耐」の二文字です。
ご夫妻の場合も一緒になったらキツい部分も多いかもしれません。
何を言ってもお互いに理解できるはずがないからです。
自分は、こう思うからこうして欲しい。と言っても聞くはずありません。
 
相手の個性を「認め合う」これに尽きる!
 
 逆にとらえると、見えているものが違うということは自分が見えないものを見せてくれるとも言えます。
自分が気づかない世界や自分がやらないやり方を見せてくれる人です。
だから、最初は違和感を感じるかもしれませんが、それを受け入れる意識があれば世界が広がります!自分が2倍にもなりうる存在です。
相手の言うことに耳を傾け、学ぶ関係でもあります。
ただ、ひたすらにお互いの存在が学びとなっていくのです。
 
「反対KIN」が多く周りにいる人は、
謙虚に学ぶ姿勢を持っているか、自分の本音を出していないかも。
 
 「反対KIN」が、周りに全然いない人は、わがまま過ぎているのかもしれません。
 

紋章ごとの関係は

  • 赤い龍 ⇔ 青い猿
  • 青い夜 ⇔ 赤い空歩く人
  • 赤い蛇 ⇔ 青い鷲
  • 青い手 ⇔ 赤い地球
  • 赤い月 ⇔ 青い嵐
  • 白い風 ⇔ 黄色い人
  • 黄色い種 ⇔ 白い魔法使い
  • 白い世界の橋渡し ⇔ 黄色い戦士
  • 黄色い星 ⇔ 白い鏡
  • 白い犬 ⇔ 黄色い太陽 
-------------------------------------

「鏡の向こうKIN」宇宙がサポートしてくれている吉兆の存在!

260あるエネルギーのうちの一つだけ。

なかなか出会えないナンバーです。

これは、“もう一人の自分”とも呼ばれている「完全なる補完」の関係です。

前世を現わしているとも言われています。
まさに、ソウルメイキング☆
これこそ一生にどれほど出会えるかという存在です。
出会うこと自体がシンクロなんです!
 

・眠っているものを掘り起こしてくれる相手

・覚醒の切り札

・自分の内側にあるものを気づかせてくれる相手

・出会えた時は宇宙が自分の生き方を応援してくれている

 

ただし、出会った瞬間にお互いビビビッ!というものではないようです。

 

「太陽の紋章」が神秘KIN同士で、音は補完関係

そもそも補完というのは、自分のないものを相手が持っているということ。

お互い、自分にないものを持っている同士なので、反対キンと同じように、一緒にいると違和感を感じることもあります。

完全なる補完を実感するには、「鏡の向こう」同士が時間と空間を共有していないと難しいのです。

お互いの不十分な部分を補い合って完全なものにする関係であり、 双方で影響しあう関係ということになります。

だからこそ、時間と空間を共有しないと この補完の意味が生きてこないようです。

---------------------------------------

「絶対反対KIN」出会ったときは“リセットして再スタート”のとき

「絶対反対KIN」も、260あるエネルギーのナンバーのうちの一つだけ。

なかなか出会うことができません。

 

・自分の内にないものを気づかせてくれる相手

・自分のフォーカスを変えてくれる存在

・学びの対象であり愛すべき対象

・リセットして再出発しましょうと言うメッセージ

・お互い持っていないものを持っている

 

特性としては全く反対のものを持っている(太陽の紋章・ウェイブスペルともに反対キン)のですが、銀河の音は同じ音なので、波長は合うが、長くいると違和感を感じようになるかもしれません。

------------------------------------------------------

マヤ暦で本当の自分を知ることができます。

自分のKINを意識することで、どんどん本来の自分の人生を生きることができるようになっていきます。

周りとの関係性を知ることができると、とても楽になりますよ☆

 

 

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

-------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

holistic.fajar☆gmail.com

☆を@に置き換えてください