読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

and MAYA

マヤ暦で自分回帰/暦を活かして、機嫌良く生きるための提案

マヤ暦 今日の過ごし方(12/29)極性KINの日

KIN115  青い鷲  赤い蛇  音11/ポジティブなビジョンと意識

f:id:mayamuluc249:20161228192925j:plain

今日は「青い鷲」のエネルギーが影響します。

キーワード「クールな知性」「戦略的な目」「見通す力」「ビジョン」

テーマを決めて取り組みましょう。

物事を大局的にみること、自分が今どこにいるのか、どういう状況にいるのか確認してみてください。自己観察にいい日。

「赤い蛇の13日間」11日目

音11の日。「エネルギーの解放」キーワード「初志貫徹」

閉塞感を解放するためにも信念を貫きましょう。

葛藤を解放しエネルギーを放出しましょう。浄化や解放のエネルギーを意識してみてください。

やりきったら、あとは自分を信じ、受け容れる。やるだけやったら開き直りも大切です。

今日は宇宙エネルギーがたくさんふりそそぐ黒KINの日!

www.mayareki-muluc.com

忙しい日になります。

今日は振れ幅の大きい日なので、うまく流れに乗れば、どんどんいいシンクロが起きます。プラスのイメージで、ネガティブに傾かないようにしましょうね。

黒KINの濃いエネルギーを味方につけて、前向きに行動しましょう☆ 

 

今日は極性KINの日!

今日は極性KINの日。ひとつのことを極めていくこと、深めていくことで影響力も大きくなります。人や物に影響力を及ぼす日です。

極性キンの日は、あれこれやるより、ひとつを極めるつもりで行動してみましょう。複雑なことをできるだけシンプルに。準備することが成功の秘訣ですよ☆

--------------------------------------------

本日、15時53分にやぎ座で新月を迎えます。今年最後の新月です。

自分の一番やりたいこと、欲求をまず確認してみましょう。

今日の新月は、2017年に向けて、年をまたいで願いを放つ、アファメーションデイ☆ポイントは、リアルに詳細に描くこと。そうなった場面をワクワクと充足感を持って!明るい気分で始める!が大切です。

今日描く願いは2017年を明るく照らすための大切な指針になります。

 

そして今日は、10日間続く黒KINの最終日です。

この期間、しんどい思いをされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

感情の自己コントロールができずネガに傾くと、結果としてそちらへ現れる物事が大きくなります。そんな感情も今日の「音11」のパワフルな浄化の日に、すべて解き放ちましょう!

今日は自分の既成概念を打破し、自分を解放する日。過去を忘れるほど、今このときに没頭してみましょう。

先が見えなくても、焦ってはいけません。

今日は極性KINの日でもありますので、物事を極めるように続けていきましょう。

「赤い蛇の13日間」もそろそろ終わりが近づいてきました。

大転換・変容の「第三の城」の変化に耐えうるため、勢いをつける「赤い蛇の13日間」 。

  • 自分自身の生命力を高め、情熱を持って前向きに
  • 自分の気持ちに正直に勇気をもって行動する

ポイントは「自己コントロール」。

自己コントロールの秘訣は「没我」。
没我のポイントは、自分と同じように他者を愛し大切にすること。

 

この後の「白い鏡の13日間」では、いよいよ「ツォルキンの背骨」に入っていきますよ♪

しっかりとした自分自身の杭をうつとき。「コア」な期間です。ブレない自分であるために、これでもか!というくらい揺さぶりがかかります。

だからこそ、この最初の「赤い蛇の13日間」黒キン10日間で慣れておくんです。

感情のコントロールを学んで行動に移せる自分という基盤を作っておくんです。

www.mayareki-muluc.com

 「赤い蛇の13日間」残り3日間を大切にお過ごしくださいね☆

 

インラケッチ!今日も素晴らしい一日を♪

 

 

 

++++++マヤ暦鑑定いたします♪++++++ 

☆下記についてお伝えします。

 

①自分の特性/使命/役割

「自分」について知ることができます。

エネルギーを表す「KINナンバー」からあなたの持つナンバーの意識すべきキーワードをお伝えします。納得することばかり♡

 

②周りの人との関係性(自分の立ち位置、魂のつながり)

マヤ暦では相性、吉凶はありません。

その方との間に流れるエネルギーをみます。「どのような関係性があるか」をお伝えします。それを「どう捉えるか」そこから「どう行動するか」は、あなた次第!相手を理解することで、また自分への理解にもつながります。

 

③年回り

自分の誕生日からの1年がどのような年かわかります。1年の過ごし方のヒントにしてみてください。お申し込みいただいた時点での年回りと、翌年の分についてお伝えします。

何気なく過ごしてしまっている今が、実はすごいタイミングの渦中かもしれません。