and MAYA

マヤ暦で自分の生き方、在り方を思い出す/本来の役割を知る/暦を活かして、機嫌良く生きる☆マヤ暦セッション/マヤ暦講座/アクセスバーズ®/ボディプロセス/受け取りの生命の樹のワーク

2016年総括!すべては捉え方

こんばんは。マヤ暦ライフクリエイター ☆山下千草です。

いつも「マヤ暦 今日の過ごし方」をお読みいただき有難うございます。

 

f:id:mayamuluc249:20161215124054j:plain

 

2016年は自分史上、とても重要な一年となりました。

今年ほど「他者」を意識した一年はありません。

「他者」を通して自分を知る。

「他者」を通して自分が作られるを再認識した一年。

そしてdeepに自分に潜った一年でした。

 

まずは、本年も多くの方に支えていただき、応援いただき、ハッピーな気持ちで今日の大晦日を迎えられたこと、心から感謝申し上げます!

ありがとうございました。

-------------------------------------------- 

私は普段マヤの暦で生活しているので、一年の括りは自分の誕生日から誕生日までを意識して生きています。

ですので、元旦から大晦日までの一年と、タイムラグがあります。

私の誕生月は10月。

ここから年末までの3ヶ月間は私にとって、いわゆる大殺界月であり天中殺の月なんです。

昔からいつもこの3ヶ月不調なんですよね。

彼と別れたり、人と上手くいかないとか、なんだかとても寂しい思いをしたり、モヤモヤしたり、やりきれなかったり。

10月はまだ大丈夫なんです。

11月、12月は大殺界まっただ中!

ずばり天中殺の2ヶ月間。揺さぶられることばかり。

 

大殺界、天中殺は自分のバイオリズムの中での溜まった膿をだすとき、デトックスのときと認識しています。

怖いことではないんです。わかってはいるけれど、いつも嫌で憂鬱でした。

割とクリスマスから年末までの、きらびやかで慌ただしい時期の大半を虚無感いっぱいで過ごすという人生でしたから。

 

でもこれ、私の面白いポイントオブビューだったなぁと思います。

今年も確かに揺さぶられることが多々ありましたが、2016年、変化した自分がいます。

単純に捉え方を変えただけなんですよね☆

自分の運気のバイオリズム(10月〜12月はデトックス期等)は元々わかっていましたから、あとは、

自分のタイプを認識したことと、タイプを認識するにあたって、自分の運気のサイクルをマヤ暦の年回りに順じ、誕生日から誕生日までと捉えることにした、

これだけ。

 

今までは1月1日〜12月31日までのグレゴリオ暦のサイクルで、誕生日月から年末にかけてデトックス期で、いつも年の終わりが何かしらツライという捉え方。

ここからツォルキン暦の誕生日から誕生日前までのサイクルで考えるようにしました。私は、まずは溜まった膿を出し切って、身軽になって走り出すタイプ!

顕在意識が赤い紋章でアクティブだから、身軽な方がガンガン進めると捉えることにしたのです。

 

事実、私のバイオリズムは12月21日の冬至(K249/地雷復も関係する?)を境に上昇していき、5月、7月、8月は絶好調で走り続けているのです。

これ一年を通じていつもこのサイクル☆

そこから徐々に休憩入れたりしながら減速して、新しいサイクルに入ってすぐにまたデトックスするんですよね。

 

みなさんはどのようなタイプでしょうか?

スタートダッシュして、途中息切れデトックスタイプの方や、いろいろいらっしゃいますよね。

ちなみに、このデトックス期に鍛錬・洗練の「第二の城」がまわってくる年回りは、私としてはデトックス度もハンパじゃないですw

今年なんてまさにそうでした 汗

 

www.mayareki-muluc.com

 

自分のタイプや運気のサイクルを知ると心強いですよ。

ここにツォルキンのサイクルを当てはめて過ごせば最強です!

あとは、ただいろんな出来事を味わうのみです☆

---------------------------------------------- 

今年2016年は、「還」

「本当の自分に還る」一年でした。

 

とんでもなくひどい自己否定から始まった2016年。

それはもう修行僧のように自分と向き合った一年。

もともと自尊感情の低い人間であり、不足にフォーカスしがち。

そこを向き合わずして、とにかく頑張らなきゃ、強くならなきゃ、と弱っちい自分の男性性を使って20代後半から今に至るまでひたすら走ってきました。

その変わっていこうとする努力は決してムダにはなっていませんが、自分を手放して変わっていこうとする努力も、理想郷をいくからまたジャッジが入るという、苦しくなるドラマを繰り返していましたね。

 

30後半からセラピストに転身し、さらにその姿勢は加速!

自分のココロが息切れしやすくなっていることにも気づかず、ひたすら目の前のお客様とお客様のカラダと向き合う日々。

それはとても楽しくて充実していましたが、、、

もうね、自分のこと置き去りにしすぎました。

人の世話する前に自分を大事にしろ!ですよホント。

 

2016年、その同じドラマを繰り返すというクセを解除してそのまま立つしかない!と決断し、徹底的に自分と向き合いました。

 

小さい頃に遡って、そのときそのとき味わったであろう感情を呼び起こし、すべて手放すということをやりました。

思い出せないんですよね。

何もなかったことにしているんですよ自分。

不満も何も言っていない。

もっと自由になりたくてトライしているんですけどね。圧に折れているんです。

言えないけど、鋭い傷が奥深く入るのです。

本当はとても傷ついて、悲しくて立っていられなかったような出来事や蓋をした感情をすべてオエオエしながら出しまくって、ひとつひとつ丁寧に向き合いました。

 

私って、そういう人間だったんだ!

という発見☆

人からみたら、いつも前向きで元気で、いろんなことチャレンジしてて、とにかく強い!

葛藤は常にあるが、葛藤をパワーに変えてひたすら進む!

みたいなw

 

でもその実裏、傷つきやすく繊細で少女のままの自分がいる。

儚く弱っちい自分。

頑張ってきたけど本当は弱音を吐きたい、寂しい。寄りかかりたい。

私はバイタルが強いわけではない。

自分のためじゃないことは弱い。

 

「自分を生きる」ための肉体を選んで生まれてきた。

そのために、まったく自分を生きられていない小さい頃は、長いこと喘息やアトピーに苦しんできました。

 

そんな現実の自分を明らかにして、ようやく本当の意味での自己肯定感でもって立てるようになった2016年!!!

 

もちろん今までの自分の記憶、蓄積された経験等の自分というベースはあるのだけれど、ある方の表現をお借りすれば、

「記憶喪失からよみがえったみたい」に新鮮☆

これ2017年のテーマなんですが、前倒しでそこ味わっています。

思えば、私の中の女性性、もう何年も機能していなかったなw

弱々しい少女のような自分がいるのに…。

そこを使わなくなった結果、自己表現も抑えることになっていましたね。

弱さも含めて存在していると女性らしくなるんですよね♡

 

本来の自分を出すのが女性性。

 

そこから、一旦サロンワークを手放すという選択をした2016年。

かなりずっと思い悩んだ上の決断でしたが、決断後はびっくりするくらいスッキリ!

まさに、これまで力を入れてきて、達成に向かって走ってきた諸々の出来事は2016年でひと区切りついた感がありました。

 

ここから2017年、また全然違う世界がみられそうな予感!

本来の女性性でもって、パワーアップした男性性を使って新たなワクワクすることに挑戦していきます。仲間とともに♪

 

マヤ暦のセッションも、従来のセッションとは別に、「自分史を紐解く」みたいな自分の人生のサイクルをマヤ暦の年回りキンと照合する易を照らし合わせ、私がナビゲートしつつ、クライアントさん自ら振り返ってもらうようなセッションも面白いなぁなんて考えています。近々告知いたします。

一緒にお茶をしながら、楽しくセッションができるといいですよね♪

 

長くなりましたが、いつも当ブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。

出会ってくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

2017年も引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

   

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

mayamuluc249☆gmail.com

☆を@に置き換えてください