and MAYA

マヤ暦で自分の生き方、在り方を思い出す/本来の役割を知る/暦を活かして、機嫌良く生きる

最近の出逢いの傾向と気づき

こんにちは!マヤ暦ライフクリエイター ☆山下千草です

いつも「マヤ暦 今日の過ごし方」をお読みいただき有難うございます。

以前にも、自分の周りに良く現れる紋章を調べてみると、傾向があって面白いということを書いています。

www.mayareki-muluc.com 

ここ最近の私の人との出逢いについても、相変わらず面白い傾向があるんです。

初めて会う人、

以前から知っていても初めて言葉を交わす人、

久しぶりな人で新しい印象で再会する人、

何かしらのインスピレーションを感じた人、

との出逢いの中からの気づきについて書いてみたいと思います。

f:id:mayamuluc249:20170115171222j:plain

「鏡の向こうKIN」や「鏡の向こうKIN」のセットに頻繁に出逢う!

去年の夏頃に、初めて「鏡の向こうのセット」に出逢ったのを皮切りに、ピンポイントで「鏡の向こうKIN」に良く出逢うようになりました〜♪

これってスゴイことなんですよ!

「鏡の向こうKIN」とは、

  • 宇宙がサポートしてくれている吉兆の存在
  • 260あるエネルギーのうちの一つだけで、なかなか出会えないナンバー
  • “もう一人の自分”とも呼ばれている「完全なる補完」の関係
  • 生涯に渡って充電し合える相手
  • 一生にどれほど出会えるかという存在で、出会うこと自体がシンクロ
  • 眠っているものを掘り起こしてくれる相手、覚醒の切り札
  • 自分の内側にあるものを気づかせてくれる相手
  • 出逢えたときは宇宙が自分の生き方を応援してくれている

 

などなど。スゴい相手、スゴイ関係でしょ♪

マヤ暦ライフクリエイターとして活動する!って決めたら急に出現するようになりました。それまで7、8年くらいは、マヤ暦は単に自分自身で楽しむツールのひとつでした。ところが、それまでのお試しセッションではなく、本腰入れてマヤ暦セッションを始めたら、来てくださるクライアントさんと「鏡の向こうKIN」同士だった、というパターンが圧倒的に多い!!!

最近は年末に、初めましての集まりで出逢った方と「鏡の向こうKIN」同士。

初めましての方がほとんどでしたが、皆さんマヤ暦に興味津々で、大いに盛り上がりました♪そこで発覚したのです☆

つくづく、この活動はホントに宇宙に応援してもらっているなぁと感じます。

私の場合、「鏡の向こうKIN」は「ガイドKIN」の紋章でもあるので、「鏡の向こうKIN」に出逢うときは必然的に「ガイドKIN」とも出逢っているというスペシャル具合☆

セラピストに転身してから「ガイドKIN」が周りに頻繁に現れ始めました。

在籍していたサロンの店長や指名してくださるお客様はかなりの確立で「ガイドKIN」だったりと、導かれていましたね。導かれて今に至ります。

完全に宇宙からも応援してもらっていて、信頼して委ねまくっています。

ちなみに、「ガイドKIN」が周りに全然いないときは、孤軍奮闘しているときです。

まわりに現れるKINで、今の自分の状態が読み解けるので、マヤ暦って面白いなぁといつも思います。

頻繁に出逢う紋章の存在に気づく

相関関係がある紋章(反対、神秘、類似の関係の紋章)は、まわりにたくさんいます。

皆さんもまずそうだと思いますよ。魂の学び合いは必須ですからね。

私は過去の職場で、所属していたチームのメンバー6人中5人が反対キンだったことがあります。しかもウェイブスペル(潜在意識)での反対KIN同士。本質的に全くの真逆同士!

私の場合、ウェイブスペルの反対キンの紋章は「白い鏡」。切れ味抜群の人達ですからね。独立心と自立心強く、きっちりかっちりしています。

そこが美しく素敵な人と、ガチガチの自分の枠を持ち、頭かたいよね〜(汗)という人といました。なんてチャレンジングな場に身を置いていたんでしょうw

それを知ったときは、さすがに、ギャッ!って思いましたけどねw

学び多き職場でした…。

「白い鏡」の集まりの中では、自分の道は自分で切り開く。ギリギリまで耐える強さと切り捨てる潔さ(決断の力)みたいな強いメッセージを受け取りましたよ。

関係性がある紋章との学びは痛みを伴うこともあるけれど、そこからの自分の成長も深く大きいですね。

「関係性のない関係」は、しがらみのない関係なので、共通項を通じて仲良くなれば、「楽しむ」という観点でライトに関係が築けます。逆にいうと、共通項がないと、それぞれ独立していて交わることがないかもしれません。頻繁に自分のまわりに同じ紋章が現れていても、それにすら気がつかず、そこにあるメッセージを見過ごしてしまっている可能性も高い気がします。

まわりが関係性のない紋章ばかりというときは、心を開いていない状態。関係があるないバランスよくまわりにいるのが理想です。

 

そしてここのところ、

当ブログでも何回か書いていますが、関係性のない関係の紋章で「青い夜」の出現率がナンバーワンです。

「青い夜」を持つ女性です。「青い夜」の男性は未だ皆無です。このあたりも面白い傾向ですよね。

「夢を与える」「夢を描く」ということが、自分にとってのもっぱらのテーマであり、女性のこれからの生き方、自立、あるいは起業に、私自身も深く関わっているし、今後ますますその傾向が強くなっていくのだろうと感じています。

また、同じくらい多いのが「黄色い種」。

これは逆に男性が多いです。自分の中ではキーパーソンの男性です。その人自身からも、その人との関わりの中からもたくさんの気づきをもらえます。

もう私「黄色い種」を持つ人、大好きなんです☆(男女問わず)

「黄色い種」だとわかると、自分の気づきのセンサーがさらに働きます。(先入観はよくありませんが)

あるいは、黄色い紋章×白い紋章(白い紋章×黄色い紋章)の人を引き寄せる傾向があります。黄×白は色の関係でいうと反対です。自分の中に相反するものを持っている方です。その複雑さというか、レイヤーに惹かれるのでしょうか。

鋭い感性をもってして(使って)理論が輝くみたいなタイプかな。

その逆も。ベースに確固たる理論があって、感性を爆発させるみたいなタイプ。

私は赤い紋章×黄色い紋章なので、同じ色の組合せのひととは、傾向がやはり似てきますよね。インプットとアウトプットの傾向も似てくる気がしています。大いに参考になりますよ。

 

ちなみに、色同士の関係は以下の通り

⇔白(類似)、(類似)

(反対)、白⇔(反対)

(神秘)、白⇔(神秘)

 

 いや〜、マヤ暦っていうツール、本当に面白いなぁって思います☆

また近々、各紋章の私的考察を書きたいと思っていますので、乞うご期待。

 

 

 

マヤ暦ライフクリエイター☆山下千草

-------------------------------------------------

お問い合わせ、ご質問はお気軽に!

holistic.fajar☆gmail.com

☆を@に置き換えてください